>>> HOME >>> 指輪の選び方

指輪の選び方

婚約指輪・結婚指輪には、一生涯愛用できるお気に入りのものを選びたいと思うのは当然です。 そのためには自分の指にフィットして、なおかつ自分に似合うものでなくてはいけません。 リング選びの基本は、ずばり「手や指のバランス」です。この2点に注意して自分の手に似合う婚約指輪・結婚指輪を選びましょう。 指輪を選ぶときに、指が短い・関節が太い・肌の色が合わないなど、身体的なコンプレックスを持つ女性も多いようですが、 リングの形やボリューム次第では欠点をカバーして指先を美しく見せることだって可能です。まずは自分がどんなタイプなのか把握しましょう。

長さが短い指タイプ

自分では指が短いことを気にしていても、「指が短い」というビジュアルは、客観的に見ればとても可愛らしい印象を受けるものです。 指輪をはめて指のラインや形をスッキリと見せたいのであれば、横のラインが強調されているタイプではなく、縦長のラインをアピールできるU字タイプや直線的なデザインのものがオススメです。

ぽっちゃり型の指タイプ

ぽっちゃりタイプの手は、女性特有の包容力とやわらかさを感じさせる女性らしい手と言えます。 ぽっちゃりタイプの手や指をお持ちの方はダイヤモンドを散りばめたボリュームのあるタイプや、やわらかさを引き立てる曲線的なデザインがよく似合います。

間接ゴツゴツしている指タイプ

指の関節が目立つ方は、逆にスッキリとした印象の指に多いタイプです。どうしても太い関節が気になるのであれば、ボリュームのあるデザインや少し 個性のあるリングを選んでみましょう。シンプルなデザインでありながらもワンポイントにダイヤモンドがついているタイプのものや、ちょっとしたデザインが装飾されてあるタイプを選べば、自然と人の視線は指輪に集まりることになるので、全体的なゴツゴツとした印象を和らげることができます。

結婚指輪選びの最終チェック:全体のバランス

自分の手や指に似合う婚約指輪・結婚指輪を選ぶことができたら、次はいよいよ最終チェックです。 まず全身がうつる鏡で指輪をはめた状態の全体のバランスをチェックしてみましょう。 結婚指輪をはめた左手を少し動かしてみることで、手元だけ見ていた時にはわからない部分が確認できると思います。 全体のバランスや顔映りも当然しっかりチェックしておくべき部分です。パートナー同士、お互いの意見を聞いてみるのもいいですね。

結婚指輪に使われる主な素材

結婚指輪の素材として人気が高いのは、やはり硬く丈夫で品のあるプラチナ素材。 最近ではプラチナよりお手頃なホワイトゴールドも人気の高いタイプとなっているようです。また、アレルギー体質の方はそれまで金属アレルギーのない人でも24時間はめている結婚指輪でかぶれてしまうケースがあるので、リングを選ぶときは肌質について知っておく必要があります。 せっかくの結婚指輪を無駄にしないように事前に金属アレルギーのパッチテストを受けておきましょう。

結婚指輪は少しサイズにゆとりを持たせる

結婚指輪のサイズは少しゆとりをもたせる意味で、気持ち大きめのサイズを選ぶことがポイントです。 理由は加齢によるサイズの変動。歳を重ねることで体だけでなく指も一緒に太くなるケースが非常に多いのです。以前ははめることができたのに、数年経ったらはめられなくなった事例や、きついのを我慢して無理やりはめたらサイズがきつくなりすぎて抜けなくなってしったという方もいらっしゃいます。まだまだ先の話、と楽観的に済ますのではなく、あらかじめの予備対策を取っておきましょう。また結婚式当日は、緊張や寝不足で指がむくんでしまうケースが多くあります。ロマンティックな指輪交換の場面で指輪が入らないという、なんとも笑えない、むしろ悲劇な事態を避けるためにも、心持ち大き目のサイズを選んでおくのがベストでしょう。サイズにゆとりをもたせるあまりぶかぶかなものを選んでしまうと、頻繁にずれてしまい、挙句の果てに抜け落ちて紛失、なんて事態を招きかねないので、サイズは大きすぎず、小さすぎずを念頭に選びましょう。
| HOME | SITEMAP | ページの先頭へ |
Copyright(C)2008 happy-ring. All Rights Reserved.